業務内容

佐賀県生活自立支援センター

・対象者
 吉野ヶ里町、基山町、上峰町、みやき町、玄海町、有田町、大町町、江北町、白石町及び太良町に
在住の方で、日常の生活に不安や心配を抱えたり、経済的な問題や困難に直面している方が対象です。

・実施している事業
『自立相談支援事業』
 生活に困窮している方を早期に発見、早期に把握し、相談者が抱える課題を評価・分析し、専門の相談員が自立支援計画を作成し、課題の解決、改善に向けた取り組みを行います。
 また、地域の関係機関との連携・協議を通じた、地域のネットワークづくりや生活困窮者を支える社会資源の開拓にも取り組みます。

 

『就労準備相談支援事業』

○就労準備支援事業とは
これまでの一般的な支援においては、「生活リズムが崩れている」、「社会との関わりに不安を抱えている」、「就労意欲が低下している」等の背景要因がみられる場合、就労に向けて支援を行うことは容易ではないと指摘されてきました。
そのため、生活困窮者自立支援法(平成27年4月1日施行)によって、従来の就労支援では不十分な方への支援を強化・充実させるために就労準備支援事業が創設されました。

○期間と内容
 ・実施期間   最長1年間(就職した場合には、原則として就労準備支援は終了)
 ・内  容   訪問を通しての個別プログラム支援、就労に向けた同行支援など