会長声明

 

成年後見活動における本会会員の業務上横領について会長声明

 

 この度、本会会員が担当する被後見人等の預貯金を、自ら経営する事業に流用した事件が発覚いたしました。被害を受けたご本人やご家族、関係者の皆様に、ご心配・ご迷惑をおかけしたこと、心より深くお詫び申し上げます。

 今回の不祥事は、社会福祉士の成年後見活動並びに、佐賀県社会福祉士会の社会的な信用を大きく傷つける行為であり、また、全国的に進んでいる成年後見制度利用促進の施策においても、大きなマイナスイメージを与えることから、社会的影響の大きさを痛感しております。

 今後、被害を受けた方々の生活の安定が損なわれないよう最善の努力を払うとともに、このようなことが二度と起こらないように再発防止に取り組んでいく所存です。

 

平成30年4月27日

公益社団法人 佐賀県社会福祉士会

会 長    鍋島 恵美子